刺青のお悩み解決!【タトゥー除去専門のクリニック】

女性

タトゥーを消すための方法

医者

クリニックでは、レーザーや皮膚切除によるタトゥー除去が行われています。レーザー治療では、タトゥーの色素を焼却する効果のあるレーザーを照射します。皮膚切除では、タトゥーのある皮膚を切って縫い縮めます。確実に効果があるので、タトゥーに悩んでいる方におすすめです。

読んでみよう

美容皮膚科の刺青の除去

手術

大阪の美容皮膚科では、刺青除去の施術を行っている。刺青除去の方法には、レーザー除法や切除術、植皮術などがある。レーザー除法は腕などにワンポイントで彫られたタトゥーの除去に最適である。小さなタトゥーだと10万円前後の費用で除去することができる。

読んでみよう

正しい知識と将来に向けて

先生

クリニックでのタトゥー除去は実績と経験豊富なところに依頼するのが良いです。今は美容外科と同様、お手頃な価格で通えるようになっています。今後美容サロンの通常メニューとして盛り込まれていく日も近いと考えられます。

読んでみよう

元の肌へと戻すために

刺青

傷の痕を治す努力が重要

近年の日本では若い世代を中心に、チラッと見える程度の刺青が流行しています。ごく一部の人と言えますが、街の中で見かけた記憶のある人も多いはずです。その一方で、入れた刺青を除去したいと考える人も、たくさん存在しています。職業にもよりますが、就職の面接で刺青が見えている人を採用するはずもなく、将来的に不利となる場面があまりにも多い事が理由です。元のような肌に戻すのが困難と言われている中で、除去の技術も発達してきています。基本的には切除や移植とレーザーなどで施術され、除去の傷跡をなくすために根気よく治していくといった流れです。つまり、技術の発達した今日においては、刺青の除去そのものよりも、傷の痕を治す事に力を注ぐ、というイメージとなります。

立場が変わって気が付く事

日本においては刑罰が存在しないにもかかわらず、刺青はどちらかというと良くないイメージを持たれがちです。ファッションの一部として流行する傾向もありますが、プールや銭湯とサウナなど、非常に多くの公共施設で入場が制限されています。これは日本のルールであり価値観でもあるため、海外から抗議されるような事があっても、大きくは覆らないと予測されます。もし自分が子供を持つ親であれば、刺青を入れた人が集まるような施設には、近づけたくないと感じるはずです。このような理由からも、どのような理由で入れた刺青であれ、除去する人が今後も増加すると予測されます。若いころに入れた刺青が残る人も、親として自分の立場が変わり、初めて気が付く事も多いのです。